着眼大局 蔵前達郎コラム

毎日の良い習慣(繰り返し)が才能を超える

 今年8月21日、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手が、本拠地ヤンキー・スタジアムで行われたトロント・ブルージェイズ戦で、みごと日米通算4000本安打を達成しました。 「天才」といわれるイチロー選手ですが、これに対して 「努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうじゃない。 努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうだと思う。」
▼続きを読む

閉塞感の中での顧客の創造

先月、ハウステンボス㈱の澤田秀雄社長の講演を聴きました。 長年赤字に苦しんできた長崎のテーマパーク「ハウステンボス」は、デイズニーランド単体の1.6倍もの広さがあるにもかかわらず、 ①マーケットが100万人ぐらいと小さく、 ②佐世保までのアクセスも非常に悪く、 ③イベントなど集客方法の経験が少ないので、  ご承知のとおり、過去、様々な経営者やコンサルタントが挑戦してきましたが、再
▼続きを読む

悲観的に準備し、楽観的に対処せよ

 災害時に、役所が避難勧告・避難指示を出しても、住民が避難しないという問題があるそうです。 ついつい、「大丈夫だろう」「何とかなる」など楽観的な心理が、逃げ遅れたり、災害への備えを怠ることとなり、それが被害へとつながっていきます。  この、楽観的な心理のことを「正常性バイアス」といい、多少の異常事態が起こっても、それを正常の範囲内としてとらえ、心を平静に保とうとする働きのことです。 東日本大
▼続きを読む

会社の活性度

 会社が、今後順調に伸びていくか、ダメになるかは、電話や訪問した際の雰囲気でおおよそ想像できます。 会社の健全度は  1.「社長がしっかりたビジョンを持っていること」 2.「社長の意志が、社員に徹底されているか」 で、だいたいわかります。  末端の現場を担当する社員の態度をみることによって、その会社の将来が、また現在抱えていることがわかります。 皆さんも、会社やお店で元気よく挨
▼続きを読む

どん底から生まれた宅急便

1.経営者の陰には、名参謀あり  松下幸之助の教えを社員に伝え、松下イズムを浸透させた高橋荒太郎、天才エンジニアの本田宗一郎を経営面から支えた藤沢武夫、ソニー創業者コンビとして、井深大の技術を支えたのが、経営戦略参謀役の盛田昭夫と言われています。  カリスマ経営者の陰には、必ずそれを支える名参謀たちがいます。社長が経営判断に迷った時の相談相手として、財務を安心してまかせられるスペシャリストとし
▼続きを読む