着眼大局 蔵前達郎コラム

他力の風を受ける 

当事務所では、大分事務所、別府事務所で、それぞれ月に一度、普段より1時間早く出社して、事務所の周り一区画を全員で清掃しています。タバコの吸い殻や、ジュースの空き缶など黙々とごみを拾うのですが、一番うれしいのは、時々近所の方が「ご苦労さま」と声をかけていただけることです。 事務所の経営理念に「地域社会に貢献」とあるのですが、納税すること、地域経済団体での活動、そして、職員が提案してくれ
▼続きを読む

陸前高田市の巨大コンベヤー

9月に、東日本大震災の震災後の復興の状態を見てきました。その中で印象に残ったのが、「奇跡の一本松」の岩手県陸前高田市でした。 そこは「見渡す限り街の痕跡が残っていない」ということで、あるのは、8メートルにかさ上げされた高台と、その高台に山から切り出した土砂を運ぶ総延長約3キロの巨大ベルトコンベヤーでした。1日に10トントラック4千台分(2万立方メートル)を巨大ベル
▼続きを読む

迷子になっていませんか?

私は、低学年の頃、別府から母と弟とトキハデパートに買い物に行って、迷子になり館内アナンスされた経験があります。 皆さんも、一度は迷子になったことがあるのではないでしょうか? さて、今そのときの状況を冷静にふりかえると、 (1)自分がどこにいるのかわからない。 (2)どこに行けば、母と会えるかわからない。 (3)どうやって行けばいいかわからない。 といった思いが入り交じり必至に涙をこ
▼続きを読む

「弱い心」と向き合っている平成の大横綱白鳳 

先日の大相撲名古屋場所で、横綱白鵬が2場所連続30度目の優勝を果たしました。優勝32回の大鵬、31回の千代の富士に続く3人目の「30」の大台達成し、まさに平成の大横綱となったのです。 1.「弱い心」を克服するのではなく、うまく同居する。 このように、心・技・体が充実して圧倒的に強い白鳳ですが「むしろ心が弱い」と聞いたら、ウソーと思うでしょう。白鳳の初土俵から12年以上見守っている内藤堅志
▼続きを読む

事業承継の秘訣は、 「老」+「子」=「孝」 

先日、ある若手経営者であるA社長の話を聞く機会がありました。 縁あって、奥さんの父親が経営する会社に、中途入社したのですが、義父である超ワンマンの会長から「おまえは動物以下だ」と叱責を受け続けたそうです。幹部社員はほとんどやめていき、時代と逆行する経営を推し進める会長との確執から、ついに本人も会社をやめるかどうか真剣に考えていた際に、陽明学者の安岡正篤さんの言葉(論語に学ぶ)を思い出したそうです
▼続きを読む