昨日は、第3回大縁利他の会で、北海道から塚田康祐さんに、「経営力を強化させるコーチング~質問型コミュニュケーションによる経営力アップ~」をテーマに、講演とコーチング実習をしていただいた。
目から鱗が落ちるようにいろいろ気づきを与えてくれた講演であったが、とくにGROWモデルを、自身へのコーチングとして、今後取り入れようと思う。

GROWモデルとは
 Goal (目標、ビジョン、ありたい姿、目指したい状態、何を目標にしますか?)
 Reality (現状、現在、どんな状況にありますか?)
 Options (課題、どのような方法で改善・実行しますか?)
 Will (着手、いつから実行に移す予定ですか?)

の頭文字を取ったもの。
また、コーチングがカウンセリングと違うのは、このうちGOAL(目標)が最初に来ることだそうだ。
そして、そのGOAL(目標)が具体的であればあるほど、その行動も具体的になる。

GROWモデルをつかい、事務所のスタッフと共に考えるようにしていこうと思う。