私は、趣味はと聞かれたら「仕事」と答えていました。ゴルフやスポーツをせず、休日も仕事三昧(今でも同じ)でした。青年会議所活動や商工会議所青年部の活動が、趣味とも言えるのですが。

学生時代は、別府北部中学校で、故秋吉正博先生の指導のもと、3年間吹奏楽部に在籍し、毎年大分県代表で西部コンクールに出場しました。で・・・当時、別府鶴見丘高校は吹奏楽部がなく、その後楽器を触ることがありませんでした。

それから、30年後に「アカント・ゼイシー・ビックバンド」を結成することになるとは思ってもみなかったです。きっかけは、今から8年ほど前にさかのぼりますが、税理士会の会議が終わり、熊本から豊肥線での雑談です。酒を飲みながら、同業の岩尾宏さんや井上幸治さんと趣味の話をしたところ、岩尾宏さんがテナーサックス、弟の隆さんはアルトサックスを持っているとのことで、では一緒にできたらいいねと酒の勢いで盛り上がってしまいました。traintrain

bottleの効用の一つとして、「発想の転換」があるそうです。
税理士会の支部も違い、接点のなかった岩尾さんですが、あの3時間半の電車での話から、ビックバンド結成へと進み出しました。 <次週続く>