税務Q&A

中小商業・サービス業等活性化税制が創設されました

平成25年度税制改正で商業・サービス業の設備投資を応援する税制が創設されました。 この制度を活用すれば設備を使い始めた年度の減価償却費を増やす(30%の特別償却)か、税額の控除(7%)が受けることができます。 これは、消費税率の二段階の引上げに備え、商業・サービス業・農林水産業を営む中小企業等の活性化に資する設備投資を促進し、これらの産業の活性化を図ることを目的としています。 1.概要  
▼続きを読む

減価償却「定率法」から「定額法」への動き

1.上場企業の会計方針の変更 3月決算の上場会社で、減価償却方法を「定率法」から「定額法」に変更したケースが多かったようです。 「定率法」は、償却費が投資した初期に大きく、年数がたつほど小さくなりますが、「定額法」は最初から最後まで毎年均等に償却費が発生します。 2.IFRS(国際会計基準)の影響 海外では「定額法」が一般的で、IFRSでは原則的に、「定率法」が認められていませ
▼続きを読む

2つの税制調査会

 野田政権になって、復興増税案が、内閣総理大臣の諮問機関である政府税制調査会(以下「政府税調」)から発表されたとたんに、民主党税制調査会(以下「民主税調」)がちょっと待って!といっている報道がありました。我が国は、2つの税制調査会があり、わかりづらいですよね。  もともと、自由民主党政権時代は政府・与党の中に2つの税制調査会があり、まず政府税調が大枠の方針を決め、最も大切な税率などの数字は、
▼続きを読む

1人当たり 5,000 円以下の飲食費の勘違い

 平成 18 年4月1日以後開始する事業年度等から、交際費等から1人当たり 5,000 円以下の飲食費を除外できるようになりました。 しかし、勘違いが多く調査時にトラブルになることがありますのでご注意ください。 1.制度のポイント (1)外部関係者を交えないいわゆる社内飲食費は除かれます。会社の役員若しくは従業員だけの飲食代は対象外です。 (2)この場合の1人5,000円以下の
▼続きを読む

震災関連の寄附金・義援金について

  3月11日(金)に発生しました「東北地方太平洋沖地震」におきまして犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げるとともに、被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。 私も、学生時代の友人や税理士の安否を確認しているところです。 大変多くの方々が甚大な被害を受けていることから、まずは支援物資の搬送が優先ですが、落ち着いたら寄付金・義援金での支援が求められています
▼続きを読む