税制改正

ゴルフ会員権等の譲渡損失の損益通算廃止

平成26年度の税制改正大綱によると、平成26年4月1日以降に行う譲渡からゴルフ会員権やリゾート権を売却した際に発生した損失を他の所得金額(給与所得や事業所得など)との「損益通算」ができなくなります。 1.3月31日までに売却した場合 ①譲渡所得  [売却価額]-[取得価額]-[売却手数料]=[△損失] ②他の所得(給与所得や事業所得) ③合計所得  ①+②  損益通算でき
▼続きを読む

中小商業・サービス業等活性化税制が創設されました

平成25年度税制改正で商業・サービス業の設備投資を応援する税制が創設されました。 この制度を活用すれば設備を使い始めた年度の減価償却費を増やす(30%の特別償却)か、税額の控除(7%)が受けることができます。 これは、消費税率の二段階の引上げに備え、商業・サービス業・農林水産業を営む中小企業等の活性化に資する設備投資を促進し、これらの産業の活性化を図ることを目的としています。 1.概要  
▼続きを読む

相続税は増税の方向へ

 今年の税制改正については、例年から遅れて1月末に税制大綱が出る予定ですが、連日、政府・自民党からの改正案が新聞などで報道されていますのでまとめてみました。(注意:まだ決定していません) 大きな方向として、「社会保障財源確保法案」で消費税率アップによる格差是正のための相続税の増税と、高齢者がもっている預金の掃き出しのための贈与税の緩和の流れです。要するに「もっていたら税金の負担は重たいよ、その前
▼続きを読む

法人が支払うがん保険の保険料の取扱い

さる、4月27日に、国税庁より「法人が支払う「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料の取扱いについて」が公表され、税務、経理処理の改正となりました。 なお、既契約については、そのまま全額損金算入とできます。 [趣旨] 保険期間が終身である「がん保険」は、保険期間が長期にわたるものの、高齢化するにつれて高まる発生率等に対し、平準化した保険料を算出していることから、保険期間の前半において中途解
▼続きを読む

自助、共助、公助

厚労省によると、23年12月末時点で、全国で生活保護を受給している人は昨年12月時点で208万7092人となり、過去最多を更新しました。 世帯数も過去最多の151万3446世帯で、雇用情勢が依然として厳しいことなどから、増加が続くようです。 ニュースでは、生活保護を受けなくて餓死者が出て、その受付時の対応が問題となりました。 また、逆に22年度の生活保護の不正受給は全国で2万5
▼続きを読む