成功体験・事例

努力の法則

1. HIヒロセの廣瀬舜一社長の会計セミナー 当事務所と盛和塾大分主催の会計セミナーの最終回は、「計数感覚を磨こう」をテーマに、HIヒロセの廣瀬舜一社長に講演していただきました。 「数字に強いとは以下のことができること」「利益はなぜ必要か」「中小の企業が陥り易い数字上の誤り」「経営の基本は売上を最大に、経費を最小に」・・・と、会社を家業から企業に育て上げ、経常利益10億円以上を、10年間
▼続きを読む

「打ち上げ成功」と「打ち下げ失敗」 ②

次は残念なニュースです。 3.下請け会社のプライドがないとどうなるか 傾いた横浜市のマンションで発覚した杭(くい)打ち工事のデータ改ざんについて、旭化成建材が過去10年以内に杭工事を手掛けた3040件の物件を調べたところ、約9%の266件で支持層の位置に関するデータなどの改ざんが明らかになった。 杭打ちデータを改ざんした50人以上の現場責任者の多くは、工期中だけ下請けの建設会社な
▼続きを読む

「打ち上げ成功」と「打ち下げ失敗」①

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 昨年は、下請けの会社にとって、うれしいニュースと、残念なニュースが立て続けにありました。 まずはうれしいニュースから。 1.商業衛星打ち上げ成功 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は平成27年11月24日、通信放送衛星を載せた主力ロケット「H2A」29号機を種子島宇宙センターから打ち上げ、発射から
▼続きを読む

当たり前のことを当たり前にする

熊本市で、切花、園芸資材の輸入及び卸売りをしている株式会社ザッパージャパンの藤本一博社長の話を聞きました。 藤本社長は、警察官として働いていましたが、ある貿易商との出会いをきっかけに、退職してマレーシアに渡りました。しかし、いろいろな事業に失敗し、ついに退職金を使い果たし、1年後に逃げるように帰国することになりました。その帰る早朝に現地のバラ園の知人から、サンプルとして預かった30本のバラを
▼続きを読む

相手に向き合うのではない。一緒に同じ方向を向く

今年2月17日のNHKプロフェショナルは、「もてなしの心、どこまでも」として、東京・六本木あるグランドハイアット東京のコンシェルジュである阿部佳さんを紹介しました。 1.言葉の向こうの、“心”を読む コンシェルジュデスクには、1日300件以上の依頼が寄せられ、中には、外国からのお客様に「花火が見えるすし屋を紹介してほしい」「サムライがいる場所に行きたい」「パスポートを落とした」など無理難題
▼続きを読む