後継者

社長の中心年齢66歳 

1.うまくいっていない事業承継 社長の中心年齢は上がり続けついに66歳となりました。1995年から毎年ほぼ1歳ずつ上昇しているということは、事業承継がうまくいかないことを反映しています。 2.社長の若返りが経済活性化のポイント 若いもんには負けないと言っても、年齢が高くなるとチャレンジ精神が衰えてきます。中企庁の調査によると「積極的に投資していく必要がある」と考える70歳以上の社長は
▼続きを読む

「お客のために」と「お客の立場になって」の違い?(2)

セブンイレブンやイトーヨカ堂では「顧客のために」という言葉は禁じられているそうです。 以下は セブンイレブン創業者の鈴木敏文氏の話です。 「私たちが“顧客のために”と考えるときはたいてい、自分の経験をもとに、“お客とはこういうものだ”、“こうあるべきだ”という決めつけをしています。 だから、やってみてうまくいかないと、“こんなに努力しているのにお客はわかってくれない”と、途端に顧客を責
▼続きを読む

臼杵商工会議所で「決算書の読み方セミナー」

地道に毎年、セミナーを開催してくれています。感謝  案内チラシより  ・・・・・・・・・・・・・・・ 消費税が平成26年4月1日より8%に引き上げられ、経済界では各分野で景気回復の腰折れが懸念されております。このような中、中小・小規模事業者が、どのような対策を講じていくかが、今後の事業経営において重要になってきます。 これまで以上に経営者は経営力の強化を図る必要があります。本セミナーは、消費税
▼続きを読む

リンゲルマン効果(社会的手抜き)

野球やサッカー等の団体競技や会社経営では、チームワークのよい組織を創って、1人の力を組織力で1.2倍、1.5倍に伸ばしたいとトップは思っています。 しかし、その組織の力が、1人以下になる事も多々あるようです。人間は無意識レベルでサボってしまう現象があるのです。約100年も前にドイツの心理学者マクシミリアン・リンゲルマンは、次の綱引き実験をしました。 1人で綱引きをした時、綱を引く力の入り
▼続きを読む

事業承継戦略セミナー

来週は、事業証明について2回セミナーの講師を務めます。 1回目は、2月10日開催の「オーナー経営者のための事業承継戦略としてのM&Aセミナー」で、第三者へ株式譲渡、事業譲渡した場合の話をします。 http://f-hikitsugi.com/pdf/seminar20150120.pdf 2回目は、2月12日開催の「事業承継問題の解決法あれこれ」で、自社株対策と事業承継税制」につい
▼続きを読む