経営者

リーダーの条件を考える

今年を振り返って、リーダ―にあり方を考えさせる1年でした。 公私混同問題に対する世論の批判は厳しさを増し、当時の舛添要一都知事が辞職願を提出し、小池百合子知事が誕生しました。 知事は、江戸時代で言えば一国一城の殿様です。その殿様が、正月の家族旅行や飲食、さらに趣味の美術品の領収書など政治資金報告書に堂々と載せていたという“せこさ”で人心が離れてしまいました。 現在のあきれた騒動を、明治
▼続きを読む

社長の中心年齢66歳 

1.うまくいっていない事業承継 社長の中心年齢は上がり続けついに66歳となりました。1995年から毎年ほぼ1歳ずつ上昇しているということは、事業承継がうまくいかないことを反映しています。 2.社長の若返りが経済活性化のポイント 若いもんには負けないと言っても、年齢が高くなるとチャレンジ精神が衰えてきます。中企庁の調査によると「積極的に投資していく必要がある」と考える70歳以上の社長は
▼続きを読む

スポーツにも哲学が必要

2016年の第92回箱根駅伝で2連覇、39年ぶりの完全優勝を果たした青山学院大学陸上競技部の原晋(はら・すすむ)監督は、昨年まで無名の監督でした。さらに現役時代は箱根駅伝出場、オリンピック出場などという華々しい経歴は無縁の平凡な選手でした。  そんな原監督が、なぜ青学陸上競技部で結果を出せたのか。そこには、営業マンとして企業に勤めた経験をもとにして確立した新しい選手の育成方法があったのです。 監督
▼続きを読む

内なるDNAが選択させる

皆さん、先日のバレンタインデーは、プレゼントいただけたでしょうか? 私は、妻、社員、お客様、取引企業、バンド仲間から、5つもの義理チョコをいただきました。 この場を借りて?お礼申し上げます。 さて、学生時代は、ほとんどもらったことがありませんが、そわそわワクワクした記憶はあります。 でも、人はどうして異性を好きになるのでしょうか? 1月24日の阿川佐和子の「サワコの朝」は、脳科
▼続きを読む

仕事でのルーティン

(1)ルーティン(routine)とは 「決められた一連の動き、決められた一連の動作」を言うそうです。これを何かに取り組む際に毎回すると物事に集中できるということです。 五郎丸選手、イチロー選手、大関琴奨菊が、取り入れて成果を出していますね。 (2)ルーティンの効果 大事な試合になるほどプレッシャーが増し、心身の緊張が高まることは皆さん経験済みでしょう。 ルーティンで行動をパタ
▼続きを読む