大分事務所

言志四録

晦に処る者は能く顕を見、顕に拠る者は晦を見ず (かいにおるものはよくけんをみ、けんによるものはかいをみず) これは、江戸末期に活躍した儒学者である佐藤一斉が書いた「言志四録」の中の一節です。 解説書には 暗いところにいる者は、明るいところをよく見ることができるが、明るいところにいる者は暗いところを見ることはできない とある。 言葉には受取る側の状況や状態によっ
▼続きを読む

物を大事にする心

こんにちは、藤野です。 前回は、パソコンのメンテナンスについてお話しました。しかし、私たちがお世話になっている物は他にも色々あります。 身近なものでは、車や電話、家の中では、テレビ・冷蔵庫・クーラーなど。しかし、調子が悪くなったりした場合は金額の高いもであれば修理をしたりしますが、金額の安い物は買い換えてしましますね。実際、修理するより買った方が安い場合が多い。 こう言った、過剰
▼続きを読む

外貨預金

こんにちは、齋藤です。 前回株の話を書いたら、別の金融資産にも興味があるという方がいらっしゃったので今回は外貨預金についての話です。 2か月前ぐらいだったでしょうか、一時円高が加速し、銀行にドルを買う人が殺到していましたね。私は複雑な気持ちでそのニュースを見つめておりました・・・というのは、・・・私は米ドルの外貨預金も持っているからです(;一_一) 買ったのは7年ぐらい前でその時
▼続きを読む

歴史の影に帳簿あり

藤下です 本日は、歴史と帳簿についてお話させていただきます 当事務所で、毎月お配りしています「事務所通信2月号」をご覧いただき関与先皆様のお役にたてましたらと・・・補足を 「事業者は、なぜ記帳し、決算書を作成しなければならないのか」について、歴史のエピソードから探ってみました。大武健一郎TKC全国会会長の講演などから、関与先企業に帳簿の重要性を説く際の参考になる内容をまとめてみました
▼続きを読む

県内3つの有料道路12月から無料化

大分県内3つの有料道路が無料になります。 県は大野川大橋有料道路など県内3つの有料道路を今年12月1日から無料化することを決めました。これは広瀬知事が1日の会見で明らかにしたものです。無 料化が決定したのは大野川大橋有料道路と米良有料道路、それに大分空港道路です。3つの道路では、政府からの借入金があわせて41億円残っていますが、県 では内部留保と経済危機対策臨時交付金で返済できるめどがたった
▼続きを読む