こんばんは。秋吉です。

今、働き方に注目が集まっていますが、現状を維持しつつ労働環境を変えていくのは、容易ではありません。

最新技術の活用により生産性の向上を図った上で、休みや残業を減少させる取組みや、人材確保に従業員の親を雇用する取組みなども耳にしました。

また、兼業も促進されてきており、100歳定年と言われる時代です。

雇用する側だけでなく、雇用される側も長い目での自分自身の働き方について、考えてみましょう。


投稿者:秋吉

秋吉 智仁のエントリーをすべて表示する