こんにちは、平早水です。

つい先日、知り合いがLINEの乗っ取り被害にあったそうです((+_+))LINEといえば、スマホを持っている人であれば大抵入れているアプリですよね。


◆LINEの乗っ取り被害にあった場合どうなるかというと・・
1.「友だち」リストの友達にメッセージが送られます
主に送られている内容としては「何していますか?」「忙しいですか?」「手伝ってもらっていいですか?」という意味合いのメッセージです。
2.○○を購入してほしいと言ってくる
やり取りが進むと「自分の代わりにプリぺードカードを購入してほしい」「プリぺードの券面にある番号を教えてほしい、写真を撮って送ってほしい」と頼んでくるそうです。
普通にやり取りをしていれば、不自然な点に気づいて、友達に直接連絡して発覚しそうですが、気づかないまま被害に遭っている人も多いようです。

◆乗っ取りを未然に防止する3つの対策
1.パスワードを推測されにくいものに変更する
リスト型攻撃に対して不正ログインを防ぐには、ユーザーIDやパスワードを使いまわさないということです。
2.PINコードを推測されにくいものに変更する
LINEでは、本人確認に「PIN」認証が導入されています。これは電話番号の異なるスマホからログインするときに必要です。たとえ、メールアドレスとパスワードが盗まれても、正しいPINコードを入力しなければログインできない仕組みです。PINコードもパスワードと同様に規則性がなく推測されにくいもに設定しなおしたほうがいいです。
3.ログイン許可の設定をオフにする
スマホ版のLINEで「ログイン許可」の設定がオフになっていると、PC版およびiPad版LINEなどへ同アカウントでログインできなくなります。スマホ以外でLINEを使用しないユーザ、また使う人でも、基本はこの設定をオフにしておき、利用時のみオンにするほうが安全です!
詳しくは→こちら


情報化社会で便利な世の中になった反面、自分の身を守ることも更に重要になってきました。
今のところは、ネット上に書かれている説明や対策法を見て対処できますが、だんだんついていけなくなりそうで怖いです(;・∀・)

投稿者:平早水

大分事務所の総務を担当して8年になります。 事務所に来所されるお客様や、事務所セミナーにご参加くださる皆様に笑顔での対応を心掛けています。 まだまだ未熟ですが、接客接遇を通して皆さんが心地よく感じていただける時間を提供できればと思います!
平早水 麻衣のエントリーをすべて表示する