本日、5月の第2日曜日は母の日でした。

母の日は、日頃の感謝を示し、カーネーションを送るのが一般的となっています。

毎年何気なく贈り物をしていましたが、この習慣がいつ始まったか気になったので

母の日の起源について調べてみました!

母の日は世界各国にあるそうなのですが、日本で広まったのはアメリカの母の日です。

1905年5月9日アメリカ フィラデルフィアに住むアンナという少女が、

母親がなくなったことをきっかけに、「生きているうちに母に感謝の気持ちを示す機会を持って欲しい」と働きかけました。

この動きがアメリカ中に広まり、当時の大統領が5月の第2日曜日を母の日と定めたのが母の日の

起源と言われています。

アンナは母が好きだった白いカーネーションを送っていたことから、

母が亡くなっていたら白いカーネーション、存命なら赤いカーネーションを送るようになったそうです。

母を思う娘の気持ちから、母の日が生まれたのですね。

いいプレゼントが用意出来なかった時はまた来年お祝いすればいいか、、などと思いがちなのですが、感謝の気持ちを伝えられるうちに、

ささやかでもいいので、母の日をお祝いしようと思いました!

投稿者:岡部

岡部 由佳のエントリーをすべて表示する