こんにちは、平早水です。
先日、ニュースを見ていたら「AR」を使用した便利なアプリについて説明していました。
VRはよく耳にしますが、ARとはどう違うのか簡単に説明すると・・
VR(Virtual Reality)・・クローズドな世界(スクリーン)にリアリティを高めた視覚映像を投影する仮想現実。
AR(Augmented Reality)・・実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を仮想的に拡張する。

このARを使った便利なアプリが、「Measure」と「ARCity」です。
Measure・・Measure(メジャー)は、最新技術であるAR(拡張現実)を使ってiPhoneのカメラに写る、あらゆるものの長さが簡単に測れるアプリです。
これは、とても便利でした!実際に測ってみたところ撮影の仕方で、多少の誤差はありますが十分使用できるアプリでした(*’ω’*)もっと、早く知っていれば、先日長いメジャーが無くて、事務所の裏の駐車場を測る際に30㎝の定規で何度も測り直しをしなくてすんだかもしれません(笑)
ARCity・・GPSよりも高精度なナビゲーション Blipparの独自技術「Urban Visual Positioning」では、コンピュータービジョン技術を用いて位置や方向を認識し、まるで現実世界に3Dデータが浮かんでいるかのように表示することができます。
画面を風景にかざすだけで、目的地の方角を仮想現実の矢印で示してくれます。また、更にすごいのが、画面を建物や商品にかざすと建物の情報が表示されます。日本ではまだ対応していないそうですが、近々対応予定だと言っていました。
※詳しくは赤文字をクリックしてください。

ますます便利な世の中になってうれしい事ですが、スマホの画面ばかり見ていて事故にあわないように十分注意したいところです(^^;


投稿者:平早水

大分事務所の総務を担当して8年になります。 事務所に来所されるお客様や、事務所セミナーにご参加くださる皆様に笑顔での対応を心掛けています。 まだまだ未熟ですが、接客接遇を通して皆さんが心地よく感じていただける時間を提供できればと思います!
平早水 麻衣のエントリーをすべて表示する