こんにちは、阿部です。大縁利他の会(最近一発で変換できるようになりました)の開催もあと1週間ほどとなりました。まだまだ会員募集中ですので興味のある方はぜひ参加してみてください。

さて、早期成立の為?にゼロベースから策定せず、児童手当を踏襲した子ども手当ですが、現場レベルでは早くも混乱が生じているようです

お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱

在日外国人も含む15歳以下の子どもの保護者に、子ども1人あたり毎月1万3000円を支給する「子ども手当て」が26日、国会で成立した。そんななか、外国人を多く抱える自治体の窓口にはすでに連日のように外国人が訪れ、「子どもがいればお金がもらえると聞いた」などと職員を困らせているという。自治体の中には、法の改善を求める要望書を国に出すところも現れている。

 東京都荒川区は人口約20万人のうち、1万5000人が外国人居住者(2009年3月1日現在)。人口の実に約7%を占める。同区役所は最近、子ども手当ての受給を問い合わせる外国人への対応に苦慮しているという。

 児童手当・子ども手当ての給付申請窓口である子育て支援部の職員は「今月初めから外国人居住者の問い合わせが目立つようになりました。窓口に直接押しかけてくる人もいます」と語る。

 職員によると、24日にも30代のネパール人男性が窓口を訪れた。男性の目的は、まだ受付も始まっていない子ども手当ての受給申請。しかし、説明しても日本語が通じず、結局、「男性の知り合い」という別のネパール人男性に電話をかけて事情を説明してもらったという。

 「来訪する外国人のほとんどは中国籍の人。友人と連れだって来たり、『子どもがいればおカネがもらえると聞いた』と言ってくる人や日本語が話せないのに『子ども手当て』とだけ書いた紙を持参してくる人もいます

 埼玉県川口市も同様の問題に悩まされている。児童手当給付の窓口になっている福祉部子育て支援課にも、子ども手当ての受給を求める多くの中国人が訪れている。

 「ここ1カ月で目立つのは児童手当の“駆け込み”申請。友人と来たり、兄弟と来たり。それこそ芋づる式です」 

以下省略http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100329/plt1003291201000-n2.htm


 外国の方のバイタリティはすごいですね。支給額が故郷の年収並みという方もいらっしゃいますので力の入り方も違うのでしょう。日本人に行き渡る前に窓口がパンクして受付中止になる自治体も出てくるでしょうね。長妻さんは支給審査の厳格化や証明書の統一を図る旨を表明していますが、現場の混乱が増すだけのような気もしますね。さてさてどうなる子ども手当。ではでは。

投稿者:阿部

戌年生まれの税理士・行政書士です。税理士としてはまだ駆け出しですが、資産税のプロとなるべく日々精進しています。おおいた相続相談センター宜しくお願いします。
阿部 浩司のエントリーをすべて表示する