こんにちは、阿部です。

週末のニュースですが、えぇ?と反応した後、う~んと考えたネタをひとつ

両親いない子は子ども手当の対象外に 10年度

両親がいないために児童養護施設などに入っている子どもに対し、「子ども手当」を支給する予算措置がとられていないことが分かった。厚生労働省が22日開いた与党議員を集めた政策会議で明らかになった。山井和則厚労政務官は会議後、記者団に対して「手当相当分を支給する方法を検討する」と説明した。ただ、財源確保は簡単ではなく、2010年度は支給されない可能性もある。

6月から支給される10年度の子ども手当は、中学卒業までの子ども1人あたり月1万3000円。現行の児童手当は両親がおらず、施設に入っている子どもには支給されていない。すでに施設で福祉サービスを受けているというのが理由で、子ども手当も児童手当にならって厚労省は制度を設計した。

対象外の子どもは全国で約5000人で、仮に同額を全員に支給するなら必要な財源は6億5000万円に上る。厚労省は「10年度は暫定措置。11年度から支給できるよう検討する」と話している。民主党は子ども手当を「すべての子どもに支給する」とうたっていた。(23:09)

NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100122ATFS2203D22012010.html

 

 国民の心象からすればすべての子供に支給した方がいいのでしょうが、子ども手当法案の第一条には「子どもを養育している者に子ども手当を支給する」と謳っているので、法律の趣旨には沿っていますね。
 
 しかしその一方で、第四条一項二号では支給対象者を「父母に監護されず又はこれと生計を同じくしない子どもを監護し、かつ、その生計を維持する者」としており、児童養護施設はこれを充足するとみるのが自然です。現行の児童手当にならうというのは説得力がないと言わざるを得ません。

 金額の問題というより管理の問題でしょうね。現状では11年度からの支給も正直難しいと思います。これも納税者番号制への布石の一つかなぁと、つい穿った見方をしてしまいます。

投稿者:阿部

戌年生まれの税理士・行政書士です。税理士としてはまだ駆け出しですが、資産税のプロとなるべく日々精進しています。おおいた相続相談センター宜しくお願いします。
阿部 浩司のエントリーをすべて表示する