おはようございます。

久々の投稿となりました別府事務所の勝見です。
ようやく秋晴れの季節を感ずる日々になってきましたね。

先週の日曜日ですが、久留米で筑後川マラソン大会が開催され、初めて参加して参りました。
台風25号がちょうど過ぎ去った翌日でしたので、状況次第では前年に引き続き中止という ことも想定されたのですが、幸い被害もなく、今年は全国から5千人以上の方が集われました。


エントリーは、1.5㎞(障がい者)・3㎞~ハーフ・フルと11種目もあり、フルのエントリーには 何と2,200人弱が、私がエントリーしたハーフでも1,100人と、非常に大規模な大会となります。


スタッフも総勢300人以上の体制で、救護、伴走、給水等きめ細かく配置し、大会を盛り上げておられました。
フルの数が多いのも安心して走れるからだと思われます。
また、河川敷を走るためアップダウンが少なく、記録更新が狙えることも人気のひとつのようです。


大会1か月前の9月は、秋雨前線と台風の到来で、週末に走り込む予定がまったくできない中、本番を迎えてしまいました。
体は正直で、13㎞を過ぎた後で足が急に吊ってしまい、完走だけをするという結果になってしまいました。
当然、タイムは過去最低の時間で終わりました。


やはり、それなりの走り込みをしておかないと目標にしていたタイムは当然なし得ないと実感させられました。
来月の11日は国東でとみくじマラソンがありますので、それに向けて予定している走り込みをしたいと考えています。

何事も繰り返し行うことが大切ですね。

投稿者:勝見

会計事務所に勤務して丸20年となります。製造、小売・卸、建設、宿泊と幅広く担当しています。現在、管理会計の知識を高めるために研修を受講中で、経営の意思決定にお役立つ情報や気づきを与えていきたいです。
勝見 伸彦のエントリーをすべて表示する