こんにちは、大分事務所の宮原です。先週末あたりから急に気温が下がり冬らしい天候になりました。出勤時もコートにマフラーの完全装備が必須となっています。

この時期からは、年末調整や確定申告と会計事務所にとっての繁忙期となり加速度的に忙しくなってまいります。確定申告といえば、いまではすっかりメジャーと言っても過言ではないでしょう「ふるさと納税」。実際にやっておられる方は多いですし、「今年はどのくらいできそう?」という相談も時々受けます。

このふるさと納税ですが、昨日11日に、返礼品競争の是正に向けた見直し案がまとめられたそうです。具体的には、寄付額の3割超や地場産品以外の返礼品を送る自治体について、来年6月1日以降の寄付金から制度の対象外とする、といった内容で、改正案を来年の通常国会に提出するそうです。

反発している自治体もあるようですし、返礼品が豪華ならその方が嬉しいだろうと思いますが、どうなるんでしょう。会計事務所で行う処理自体は大きく変わらないかもしれませんが、割りと身近に取り扱っている話題だけに、どのような展開になっていくのかは注意しておきたいと思いました。

投稿者:宮原

宮原 良輔のエントリーをすべて表示する