こんにちは、大分事務所の宮原です。梅雨時期ですがここ何日かは晴れており風もあって涼しく助かっています。

私は、職場は大分市ですが自宅は別府市にあります。皆さんご存知かと思いますが、別府市は今ホテル開発が活況で注目されているようで、ニュースになっていました。

温泉地としての知名度やそもそものインバウンドの増加に加え、2019年のラグビーワールドカップ開催、その翌年の東京五輪を見据え、2020年までの間に新規開業する計画が9施設、部屋数で言うと1,000室分にもなるそうです。

計画の中には、世界展開する英国系の高級ホテル「インターコンチネンタル」や、星野リゾートグループ等の名前があり、県外資本も多いようです。別府市内の不動産関係者や旅館業関係者はこの波に乗るために意気込んでおられるようです。

だから今のうちに土地を抑えて簡易宿泊所を作るのが良いという事なのでしょうか。

私個人は不動産は持っていないのでこの波には乗れませんが、もしマンションの値段も上がったら、お義母様に頼んで売却してもらい、新居の購入資金に充てようと思います☆

投稿者:宮原

宮原 良輔のエントリーをすべて表示する