阿部盛一郎コラム

不況に負けない筋肉質な会社を作るために!! 「やってはいけない節税」と「有効な節税」について

 会社も個人も事業を永続させてこそ、社会貢献につながると同時に、経営者や従業員の方々の安定した生活の基盤になります。会社を永続させるためには「やってはいけない節税」と会社にとって有効な節税があるのをご存じでしょうか。  会社の目的の一つに、最終的には、会社から資金流失を最小限にして、会社に資金を潤沢に内部留保して、多少の不況がきてもびくともしない筋肉質な体質にして、倒産せずに継続することです。た
▼続きを読む

一般社団法人 おおいた相続相談センタ-設立経過について

 23年9月1日大分で初めての上記相続相談センタ-を設立した後、4月15日までの経過報告と反響.今後の取り組みをご報告します。   1.セミナ-    ① 金融機関関係      20回     450名    ② 事務所関係          3回          72名    ③ 生命保険会社関係   4回     119名      ④ 老人ホ-ム入居者   1回       
▼続きを読む

我が国の農業の現状と将来の展望について

                                 今、世界の貿易はグロ-バル化に向けより開かれた方向に向かっており、TPPをはじめ日本に照準を当てた要求が多くなっています。その中で農業分野の自由化が叫ばれ、又 農協をはじめとした反対が巻き起こっていますが、我々は今、日本がおかれている農業の真の現状と将来展望を正しく理解して進むべき道を誤らないようにしないと、近い将来食料危機
▼続きを読む

遺言書の必要性と遺言書作成のおすすめ

 是非、遺言書を元気なうちに書いてくださいとお願いしますと、[うちは相続税がかからないから必要ない」「遺言なんて縁起でもないとか」「早く死ねというのか」「うちの子供に限って相続争いなど起こすはずがない」という返答が多く返ってきます。  遺言書を遺書と混同されておられるからではないでしょうか。遺書は心ならずもこの世を去られる方が、この世に残念でならない気持ちを残す書類です。  一方、「遺
▼続きを読む

成果を上げるための5つの習慣

 20世紀を代表する世界的経済学者ドラッカ-の「成果」について紹介します。  ドラッカ-は成果を上げる人間になるため、特別な才能は必要ない。5つの能力を磨き、習慣化することで,ムダな労力やストレス無しに自然と成果をあげることが出来ると言っています。 5つの習慣とは、 ① 時間を体系的に使う。  自分は何に時間を取られているのかを自覚する。自分で使い方を決められる時間については体系的に管
▼続きを読む