阿部盛一郎コラム

「教育資金の一括贈与」の非課税制度(再)

 平成25年3月5日のコラムに概要を掲載していますが、今回は教育資金の範囲と大分県の金融機関でどこの信託銀行、銀行が受け付け開始しているのか確認してみましょう。 1.教育資金の範囲 文部科学大臣が定める次の金銭 (1) 学校等に直接支払われる次のような金銭      1500万円適用    ① 入学金、授業料、入園料、保育料、施設設備費又は入学(園)試験の検定料、 学校等
▼続きを読む

結婚20周年記念贈与を利用しよう!!              ~感謝の思いを形で表す自宅の贈与~

相続の大増税時代に突入する前に、今「贈与税の配偶者控除の特例」として居住用不動産の贈与に2110万円までの非課税規定を設けています。 この特例を活用する際に気をつけねばならない注意点があります。 1.婚姻期間が20年以上であること 2.贈与する財産は居住用不動産又は居住用不動産を取得するための資金に限る 3.翌年3月15日までに書き書類を添付して税務署に申告しないと適用されません。   
▼続きを読む

こんな場合は親に絶対遺言を書いてもらうべき10のケ-ス

1.子供のいない夫婦 配偶者とともに親や兄弟が相続人となるので遺言が無ければ配偶者が遺産の全部を相続することができません。   2.兄弟姉妹の仲が悪い    特に親と住んでる長男と他の兄弟姉妹の仲が悪い場合は要注意   3.嫁が夫の親の介護をした    夫の嫁は相続人でないので、どんなに面倒を見ても財産は相続できない。生前贈与をするか遺言で遺贈をするしかあ
▼続きを読む

教育資金なら一括(1500万円)贈与でも贈与非課税になります!!

 2013年度税制改正大綱の目玉の一つが、教育資金を一括して子供や孫に贈与した場合に非課税とする案です。かわいい子供や孫のために教育費を援助したいと考える両親.祖父母は多い上、相続対策にも効果があることから高齢者の間で早くも関心が高まっています。人数には関係なく最大一人1500万円です。ただし残額が多い場合は贈与税の対象となりますので、採用前には是非相談してください。 相続税の増税の反面消費
▼続きを読む

相続が大変だ!!

 平成25年税制改正大綱で消費税増税が14年4月に始まるため、所得や資産の多い富裕層への課税を強化し、所得や富を再配分して格差を是正するのが狙い。 主な相続税.贈与税の改正は次のようになりますが、今後「相続生前対策が」非常に重要になってきます。 相続税 1.平成27年1月1日より摘用   ① 相続税の基礎控除の縮小                           
▼続きを読む