阿部盛一郎コラム

26年2月より金融機関の融資の姿勢が大きく変わります!!~条件が整えば個人保証がいらない時代が目の前に~

平成25年12月5日「経営者保証に関するガイドライン」が公表され中小企業や個人事業の経営者による過度な個人保証が、新事業展開、設備投資、早期の事業再生や事業承継に対する経営者の意欲を阻害しているため一定の条件の下経営者保証をしない制度が平成26年2月1日から適用されます。 このことは個人保証に過度に依存しない融資の可能性、企業再生における経営の 責任の取り方等を決めたガイドラインです。法的拘
▼続きを読む

日本の人口減少と超高齢化社会を迎えて!!

 皆様明けましておめでとうございます。 2013年は日本と世界を包んでいた重苦しい「空気」が大きく変わった年でした。特に日本においては長らく苦しめられた円高と株安の呪縛から反転して円安、株高に変わり日本企業に大きな希望を与えた年でした。さて2014年は4月より始まる消費税率引き上げはせっかくよくなりかけた景気に悪影響を及ばせないように願うばかりです。さて今年初めの話題は人口減少と超高齢化が企業にど
▼続きを読む

消費税引き上げ後の日本経済の影響は

(1)平成元年はどんな時代      総理大臣は竹下登   1.天皇陛下御崩御       1989年1月7日 昭和64年1月7日     御年87才    2.元号が平成元年となる 1989年1月8日    3.1989年4月  消費税創設  3%    4.1989年6月4日  天安門事件    5.1989年11月10日 ベルリンの壁崩壊    6.
▼続きを読む

遺言書の作成が必要な人は!!

 相続が「争族」にしないためにも、残された家族に向けて遺しておくことは重要です。 問題になりそうな事案に該当する方は、特に作成をお勧めします。 1.遺す財産の大半が自宅だけの場合 2.同居する子に土地.建物を譲りたい場合 3.相続人が子供だけの場合 4.相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合配偶者に全財産を遺したい 5.供養を任せる人を遺言で定めたい場合
▼続きを読む

「教育資金の一括贈与」の非課税制度(再)

 平成25年3月5日のコラムに概要を掲載していますが、今回は教育資金の範囲と大分県の金融機関でどこの信託銀行、銀行が受け付け開始しているのか確認してみましょう。 1.教育資金の範囲 文部科学大臣が定める次の金銭 (1) 学校等に直接支払われる次のような金銭      1500万円適用    ① 入学金、授業料、入園料、保育料、施設設備費又は入学(園)試験の検定料、 学校等
▼続きを読む