阿部盛一郎コラム

遺言控除

「遺言控除」を新設、29年度にも政府.与党方針遺言による相続を減税 控除は数百万で 検討!! 産経ニュ-スより 政府.与党は9月7日、有効な遺言による相続を条件に、一定額を相続税の基礎控除額に上乗せして控除する「遺言控除」を新設する方針を固めた。遺言を普及させて遺産相続をめぐる紛争を抑止し、若い世代へのスム-ズな資産移転を図るほか、在宅介護の促進などを狙っている。また、例えば複数いる
▼続きを読む

平成27年10月5日よりマイナンバ-制度スタ-ト

今年10月以降、住民票の住所地に簡易書留であなたの「マイナンバ-」の通知カ-ドが送付されます。しかし住民票でないところにお住まいの方には届きません。救済措置が出来ました。 1.特例措置 「やむを得ない理由」により住民票の住所地で受け取ることが出来ない方は居所情報登録申請を住民票のある住所地の市町村に持参又は郵送してください。申請書はお近くの市区町村で入手できます。
▼続きを読む

相続税大増税の切り札「生前贈与」の活用法

2015年1月より相続税は大幅に増え、もはや他人事では済まされない税金になりました。  その切り札が「生前贈与」です。 1.生前贈与の三つのメリット ① 財産を減らせて節税できる ② 贈与についての自分の気持ちを直接伝えることが出来る ③ 子や孫に財産を有効活用してもらえる 2.贈与の非課税制度を知ろう ① 暦年贈与  1年間に110万円
▼続きを読む

いよいよ始まるマイナンバ-制度(個人編)

皆様新年明けましておめでとうございます。2015年は日本の社会制度や商慣習・商取引が大きく変わる年となります。その第一弾がマイナンバ-制度です。個人編と企業編がありますので説明いたします。 1.マイナンバ-って何?何のために導入されるの? イ.何 住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障・税・災害対策の分野で効率的に情報管理し、複数の期間に存在する個人の情
▼続きを読む

知らなければ損する経営者に大きな影響を与える ~民法120年ぶりの大改正~

今回民法の「債権法」が120年ぶりに改正される予定です。 改正の4大項目 1.法 定 利 率 1%未満の市中金利と5%の法定利率との乖離を是正。利率は3%にして、変動制へ移行。 3年ごとに見直しとなります。これはお金の貸し借りなどで、特に利息の定めのない場合は、年5%にするという規定です。 個人間の借金の他、利息上限法の上限を超え、払いすぎた利息分を取
▼続きを読む