阿部盛一郎コラム

円高になるとどんな良いこと(メリット).悪いこと(デメリット)があるのか再確認しょう!!

円高になるとどんな良いこと(メリット).悪いこと(デメリット)があるのか 再確認しょう!! 第2次世界大戦後1$=360円でスタ-トした円相場は2010年8月11日に84円台をつけ、年末にかけて80円を割り込む予想も出てきています。せっかく日本経済は輸出企業を中心に景気が上向いてきた矢先再び0成長に戻るのでしょうか? ここで円高によるメリット.デメリットについて良く理解し経営の判断材料に
▼続きを読む

消費税あれこれ

参議員選の争点となり、民主党大敗の原因となった消費税についてその歴史(世界・日本)、各国の消費税率についてお話をしたいと思います。 1.消費税の歴史  ① 世界    1954年    フランスで世界最初に導入された    1971年    ベルギ-で導入    1973年    イギリスで導入(日用の食料品及び子供用品は非課税)  ② 日本    1978年(昭和5
▼続きを読む

今がチャンス?大分県に外国人旅行者の受入を大幅に増やそう

 今、国土交通省観光庁では日本に外国人観光客を2020年までに2500万人を受け入れる取り組みに向かって官民挙げて達成しようと新成長戦略にも盛りこみました。ちなみに年間の2009年度の訪日観光客数は中国101万人、韓国159万人で全体の38.2%となった。(680万人)2009年度はリ-マンショック、ウォン安等で大幅な落ち込みとなったことは皆様ご存じだと思います。 1.外国人旅行者受入数(概
▼続きを読む

日本で生まれたGDP(国内総生産)はどこに分配され、誰が消費しているのですか?

 前回説明したGDPについて少し掘り下げて問題点等も含め説明します。GDPの三つの側面 日本国内で生み出された「生産」は国民の給料、企業、政府に「分配」され国民.政府.民間企業がそれを「支出」つまり使います。不思議とこの「生産」と「分配」「支出」のそれぞれの額は同じとなります。次に実際の数値に基づいて説明します。 2007年度の政府統計資料より        「生産」    企業などが生み
▼続きを読む

日本のGDPと債務残高の問題点について

 今EUの中でギリシヤ.ポルトガル等の金融不安が世界中の経済に不安を与えていますが、GDPと債務残高の比率が100%を大きく上割ったことが原因となっています。このギリシヤで起こっていることは他人事ではなく日本でも近い将来に起こっても不思議ではない状供であり、民主党政権もようやく日本の財政の深刻さに気づいたようです。このことについて2~3回のシリ-ズで話してみたいと思います。 1.GDP(国内
▼続きを読む