阿部盛一郎コラム

~知らなかったではすまされない!相続の常識~

 相続を開始しますと、被相続人の財産に属した一切の権利・義務を引き継ぎます。 預貯金、不動産等のプラス財産だけでなく被相続人(死亡者)が生前抱えていた借金等のマイナス財産も含めて承継しますが、もし仮に被相続人が莫大な借金を残して場合後に残された相続人が今後借金まみれの人生をおくらなければなりません。 このような場合どうしたらよいのでしょうか? 相続の方法には三つの方法があります。 1.
▼続きを読む

今、新聞.テレビで騒がれている「TPP」とは!!

 TPPとは「環太平洋戦略経済連携協定」の意味でわかりやすく言えばアジア.太平洋での自由貿易圏の構築を目指す環太平洋パ-トナシップのことで、物品貿易についての関税を完全に撤廃することすなわち0にすることことが原則です。 仮に応じられない品目があってもそれらの品目についても10年間で段階的な廃止を実現することが義務づけられることになっている。2010年10月現在でTPPにはシンガボ-ル・ニュ-ジラ
▼続きを読む

ドラッカ-の「企業の目的」の意義

 ドラッカ-は企業の目的は利益ではなく「顧客への貢献で、その顧客を創造するのが企業の目的」であり利益はその結果だと!!では利益の役割は? 1.業績悪化への備え   個人の家庭でも病気や事故が起こるように企業にも災害や景気変動による一時的な業績不振が起こります。そのようなときに社員を解雇したり工場や営業所を閉鎖したりしなくて済むような準備が必要です。 2.将来の投資費用   
▼続きを読む

どうしてキャッシュフロ-計算書が必要なのか!!

会社が提出する決算書は三種類あります。 1. 貸借対照表(B/S)       会社の財産が書いてある 2. 損益計算書(P/L)       会社の儲けが書いてある 3. キャッシユフロ-計算書(C/F)  現金の流れが書いてある この中で企業のキャッシュの動きを表す決算書。企業がどのような活動によって現金を増やしたかまた減らしたかがわかるキャッシユフロ-計算書の重要性が高まっています。
▼続きを読む

立場(利害関係)が違えば決算書の見方も変わります!!

 決算書は経営者や経理に携わっている人、銀行の人しか関わりがないと考えていないでしょうか? 現実には様々な人がいろんな角度から決算書を見ています。 1.  経営者   経営改善に役立てる 自社の経営状況を正確に把握し、今後の経営戦略、資金計画など練ったり、 経営改善に向けての参考資料とする。 2.  銀  行      財務内容を分析  融資を行っている会社の返済計画や返済能力に
▼続きを読む