5つの習慣とは

1.時間を体系的に使う

自分は何に時間をとられているかを自覚する。自分で使い方を決められる時間については、体系的に管理することが重要。

2.期待されていることを意識する

「やりたいこと」に力を注ぐのではなく「周りがしてほしいこと」を察知して自分の仕事を組み立てる。仕事の成果は貢献によって生まれる。

3.自分の強みから考える

弱みを減らしても劇的な成果の伸びは期待しづらいし、社内での存在意義もアピ-ルしにくい。メンバ-より秀でている長所を見つけよう。

4.常に最優先の仕事をする

大きな成果が期待できる仕事は、優先度を高め、力を集中する。「まずやるべき事は何か」「今やらなくてもよいことは何か」を問う。

5.手順を明確にする

仕事の進め方を決めてから進める。仕事には間違いがつきもの。だが一度「決める」という段階を経ない限り、その検証・発見ができない。


ドラッカ-の言葉

サラリ-マンとビジネスパ-ソンの違い

サラリ-マンとは給料をもらうために働き、いわれたことを指示通りにこなすことで良しとする人。ビジネスパ-ソンとは、自分の頭で考え、自分で自分を管理し、自らの仕事に責任を持つ人。自分もそうありたいなら、意思決定をしながら仕事をしなければならない。

結論は、卓越するには特別の才能が必要だ。だが、「成果」をあげるには、人並みの能力があれば十分だといっている。

成果を上げる人間になるために、特別な才能は必要ない。5つの能力を磨き、習慣化することで、無駄な労力やストレスなく自然と成果を上げることができる。

ドラッカ-の「経営者の条件」より


税理士 阿部 盛一郎